当塾に入っていただいて成績を上げた生徒さんの例です。

成績を上げるにはこちらがある程度やり方などはお伝えしますが、最終的には 自分との勝負 です。

そこをきちんと理解できる人は成績を伸ばします。

R.Tさん(元塾生:中2)

全般的に成績は良くないですけど、特に国語、英語の勉強の仕方がわからないとのことで

おととし9月に入塾いただいた生徒さんです。

問題演習をする中で読解力を自然と身につけだし、自宅で漢字の練習を何度も行うように指導しています。

定期テストの点数もだんだんと伸ばし、1年の終わりには国語の先生からも、「頑張って成績伸ばしたね」とほめられたそう。

2年生になってからは80点以上取れる科目が出てきました。

直近に行われた2学期期末試験では数学は90点以上、社会と理科で80点以上取れました。

これから志望校合格に向けて突き進んでいってほしいです。

 

高牟礼中 R.Uさん(元塾生)

中3の10月初旬に入塾。

高校に行きたいという思いはあったものの、どこから手を付けていいものか全くわからず塾選びを決断されたそう。

入塾してもらった月のフクトの結果が42点で英語や数学が1桁台。

このままだと行ける高校が限られてしまうので、どの科目を重点的にやるか、やることを指示して塾から帰ったら即復習。

プラス以前買っていたテキストの範囲を演習。それを塾で復習。その繰り返しを実践しました。

 

12月の三者面談の際には専願ではないと高校は無理とまで言われたその生徒さんは、

あえて専願の話を蹴って目標の高校合格に向けて必死に勉強しました。

三者面談後の到達度テストで90点超えを果たし、最後の到達度テストで100点超えをしました。

最終的には一般入試で2校合格しました。

自分なりに猛勉強してそこまで成績を上げることができたのは彼にとって自信になったのではないでしょうか。

test_result (2)-Csan-crop

 

荒木中 Y.Oさん(元塾生)

もっと成績を伸ばして確実に高校合格したいということで、おととし7月に入塾されました。

入塾してすぐのフクトのテストでは5教科で120点程度で目標校にはD判定。

塾や自宅での学習の仕方、過去問にもどんどんチャレンジしてもらい、受験に必要なレベルを把握してもらうように指導。

 

もともと自分でコツコツと学習する性格の生徒さんなので、勉強の方向性を重視して指導しました。

9月-11月の成績資料はもらいそびれたのでこちらにはありませんが、

12月と1月の到達度テストで190点台まで得点を伸ばした。進学系の高校も合格できるレベルにはなりました。

学校の先生には八女高校への進学も進められたそうですが、

本人のたっての希望で社会福祉系の高校を受験。滑り止めも含め、3校に合格しました。

 

test_result (2)-Dsan-crop

 

東国分小 K.Mさん(現塾生:小3)

この生徒さんはおととしの春にお姉さんと一緒に入塾しました。

入塾したばかりの春休みには勉強の仕方を教えるために、算数の足し算、引き算からスタート。

もともと算数が好きなのか、1年の内容はほぼ完璧。

まだ学校では習ってない2年生の内容については、問題のヒントを読んでもらう、こちらから少しヒントを出した程度で、

くりあがりのある足し算、繰り下がりのある引き算もほぼマスター。

同じ種類の問題を何度も何度も復習していると暗算で2桁の足し算や引き算もできるようになりました。

 

現在は小学5年の内容をやったり、パソコン練習ソフトで大人レベルのキータッチができるようになっています。これは保護者様もビックリされていました。

この塾生さんの長所は、間違って何度戻されてもめげることなく何度も取り組むことができるところです。

現在当塾で取得した検定:漢字習熟度検定10級、イータイピング・マスター5級

久留米市 国分 塾 個別

信愛女学院中 K.Mさん(元塾生:中1)

小学5年生の終わりから入塾していただきました。

勉強が全般的に好きじゃないと言っていて、特に算数は分数、小数の計算はほとんどわかっていない状態でした。

ですので、算数に特化して授業をすることとし、小学1年の問題からやり直すことにしました。

 

3年、4年の内容の段階からだんだん進むスピードが遅くなっていったので、

間違えた部分はノートに解き方を書く、見直す、繰り返し似たような問題を解いていく、その繰り返しをひたすらしました。

ある単元によっては5回以上繰り返したところもありました。

 

なんとなく成果が出始めたのは夏休みが終わったぐらいから。

分数や小数の小テストで80点以上取れるようになり、それに派生して割合の問題が解けるようになり…。

学校のテストでも「本当に久しぶりに算数で100点とったよ!」とも言ってくれました。

 

そんな感じで勉強を頑張っているということもあって、12月に信愛女学院で実施された合格判定テストではC判定。

ご両親がとりあえず受験させてみたかったということで信愛女学院を受験させてみたら なんと合格!!!

私は入塾当初を知っているのでほんとうに驚きでした。

中学校に入学してからは周りの生徒さんについていくために毎日塾でも家でもよく勉強しているようで、5月末に行われた中間試験では数学が なんと85点!!!

この子の頑張りには頭が下がります。もう涙がでるくらい嬉しかったです。

他の教科もよく頑張っていましたのでこれからの彼女に期待です。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 中学受験 高校受験

東国分小 R.Yさん(現塾生:小5)

この生徒さんは昨年の3月に入塾しました。

中学受験を目指しているわけではなく、学校の授業のフォローをお願いしますということでのご入塾です。

算数があまり得意ではないということなので、

算数を中心に1年の内容から遡って勉強していきました。

若干4,5年の分野でスローダウンしていきましたが、少しずつ努力して内容を理解できるようになっていきました。

 

顕著な結果としては1学期の通知表での「よくできる」が全部で20個であったのに対し、

2学期の通知表での「よくできる」が全部で27個ということで 7個もアップしました。

これが今後の自信につながればいいと思います。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 中学受験 高校受験

他にも成績を伸ばした塾生さんはいらっしゃいますが、成績を伸ばした塾生さんにはある共通点があります。

それは

間違えた理由を分析するあきらめず何度も繰り返す

これまでの生徒さんへの指導、自分の過去の受験経験からもハッキリといえることです。

間違えることはしょうがないので、間違えた理由をよく考えてもう一度似たような問題を解くことです。

その繰り返しが必ず功を奏するのが勉強です。

あの子は頭がいいとか頭が悪いとかという話をされる方がいらっしゃいますが、

正直関係ありません。

入塾いただいた際にはその辺の話はしつこくやっていきます。ご興味を持たれた方はぜひ一緒に頑張っていきましょう。