こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

当塾では今日から春期講座を実施しています。

 

春期講座のみ参戦の方、

新しい塾生さんの方、

これまでずっと

継続して来てくれている

塾生さんには

ほんとうに大変感謝しています。

 

みなさんわかる、できるようになりたいと思って

塾に来ていただいています。

 

塾生さんの先生として勉強の要点をかいつまんで

教えるのは当然のこととして、もうひとつ重要な

お話をしています。

 

それは何かといいますと、

間違えた問題のなぜそうなるかを考える

粘り強く問題にトライする

これは非常に大事なことだと思います。

久留米市 国分 個別 塾 繰り返し

問題を間違えるのは当然ながらそれなりの

理由があるわけです。

 

解答、解説を見て理由を分析できるか。

間違えた問題と似た内容の問題に粘り強く取り組む

ことができるか。

 

これがしっかりとできる人は成績を上げられます。

今までに成績が上がった、中学受験・高校受験に

合格された人はこれらを日々積み重ねてきました。

 

出された問題に正解するのは気持ちがいいのは

わかりますが、どんな人にも得意・不得意の分野は

あります。

頭がいいとか悪いとかの話ではありません。

 

不得意の分野の勉強を避けようと逃げてしまう

気持ちは誰しも持っています。

 

当塾が使用している教材は、回答者が理解して

いないと判断したら、同じレベルの問題を

解き直したり、レベルダウンした問題を解き直す

ようになっています。

理解しているかどうかを人が判断するのではなく、

あえて教材に委ねているので私情を挟まない。

 

ある意味厳しいと言えますが、本当にわかる、

できるという評価を委ねることで、

理解を深めてもらうという意図があります。

 

まさに、

わかるまで繰り返す

わかるまで進まない

を実践したものになっています。

 

わかる、できるようになるためには間違えた問題の

なぜそうなるかを考える、粘り強く問題に

トライすることで少しずつレベルアップしていく。

 

小さな結果の積み重ねで

学校のテストの成績が上がった、偏差値が

上がった、志望校に合格したという結果に

つなげていきます。

 

一度に大きな結果をすぐに出すのは難しくても

日々の勉強の中でアレができた、これができた。

春期講座の中でこれができるようになった。

ちょっとした自信を積み上げていってほしいという

ことを意識して指導しています。

小学生のお子さんにはいきなりココまで

求めることはしていませんが、中学生以上の方には

ここまで話をしています。

 

できないということが悪いのではなくて、

できない問題もうまく活用すれば成績アップの

キッカケになります。

 

そんなことをぜひ知っていただければと思います。