こんにちは、久留米松陰塾 国分校の池田です。

illust1286

11月に入り、久留米市のみならず全国的に急速に冷えてきた感があります。塾に来てくれている生徒さんも風邪を引いているというケースが目立ちます。インフルエンザの注射とかされましたか?病気の予防対策は十分に行っておきましょう。

塾では毎日、掃除の際にトイレから教室の机、パソコン、マウスなどなど色んな場所にアルコール消毒をしています。

入室後と退出後とで気温差が一気に変動すると風邪のもとになりますので、あまり暖房の温度を上げていません。

塾でできる風邪やインフルエンザ対策と言ったらその程度ですが、ご自身でも体調管理に気をつけましょう。

 

 

ではちょっと話は変わりまして、今月から冬休みまでのスケジュールの話です。

久留米市のたいていの中学校は今月の月末から期末試験の時期に入ります。期末試験が終わったら冬休みまでしばらく一息つけます。

そこで、これから冬休みの間までの学習スケジュールをご提案です。当塾としての取り組みということでもありますが…cats

定期試験の試験範囲が発表されてから試験勉強しても遅い!

定期試験(特に期末)はだいたい20日前を目処に復習をスタートしていく。たぶん試験の20日前ぐらいだと試験範囲は発表されていないでしょう。ですが、どこからが試験範囲なのかは前回のテスト範囲を調べればわかります。また、学校の勉強の進み具合からするとなんとなくこのへんまでが試験範囲??というのはわかってきます。

この辺から復習を始めようとなるわけです。

その日の勉強内容を決める。

最低2教科ぐらい勉強することにはなると思いますが、どの科目をやるのかスケジュールを決めましょう。部活が終わってからご飯食べて風呂入って勉強するまででも1時間以上かかるでしょうから、せいぜい学習に当てられる時間は1~2時間ぐらいが限度でしょう。

なので事前にやることを決めておきます。

仮に予定通りに進まなかったら、次の日にプラスして学習すればいい。

予定通りに勉強が進めばいいのですが、この部分が難しくてストップしてしまった。部活などで疲れて家に帰ったらすぐに寝てしまった。などあると思います。人間100%に物事を進めていくことは相当に難しいことですから。

「いろいろ努力して」わからないことは学校や塾の先生に聞いてしまう。

いろいろ努力してということが大事です。どういうふうに自分が考えたのか、正解を導くためにはどのように考えたらいいのかしっかり比較検討することが大事です。

問題を読んでこれはわからないなと判断したらすぐに「答え教えてください」と言ってくる人がいます。ですが私の場合は基本的には教えません。答えを導くためのプロセスを自分で考えることを大事にしています。間違えたら間違えたで今度はどこを間違えないようにすればいいのか自分で判断することが可能になります。一からべったり教えるよりは遥かに効率的な勉強だと思っています。

昨日より今日、今日より明日、できることを増やす

自分だけで勉強しているとなんだか苦痛になる瞬間がどこかで出てきます。定期試験だとか受験だとかあるのはわかっているけど、じゃあ今何をしていいのか自分でよくわからない。というなら毎日1科目勉強するとか自分に課題を作ることを勧めます。例えば今日は英語、明日は数学、あさっては国語みたいに。

これができれば定期試験で2点増える。明日もやれば4点。あさってもやれば6点取れる。勉強やった分、自分がいい成績を取れるようになると信じて実践すると、少し自分にやる気が湧いてきます。自分がこれやったら何か自分に見返りを与える、勉強が終わったらアメを1こ食べるということでもいいでしょう。

すこしずつ、できることを増やしていきましょう!!

bizzgirl20160902081917_TP_V