こんばんは、塾長の池田です。

 

今の時期は塾生の保護者さまと面談をさせていただいています。久留米市の学校では家庭訪問や三者面談を行っているところもあります。

お忙しい中、貴重な時間を頂いております。ありがとうございます。

塾での学習報告をさせていただくのと今後の課題、ご自宅での学習状況などのお話がメインです。

 

保護者さまからの悩みとして多いのは 勉強する時間が取れていない というものです。

 

部活の練習と塾での勉強で1日が終わってしまうということはよくあるようです。

 

ただ、本来の目的を考えて欲しいのです。学生である以上、勉強することがメインです。(大人になっても勉強しないといけない状況は色んな場面であります。)

 

そこでヒアリングした情報を元にある塾生さんの平日のスケジュールで説明します。

モデルケース-crop

この生徒さんは部活に入っているので、学校での授業を挟んで朝と夕方に合わせて2時間程度練習があり、

そのあとで塾に来て勉強。それが終わればフリーの時間です。濃い緑のところ。

フリーとは言っても、帰宅してご飯を食べ、風呂に入ったとか諸々の時間が大体1時間と考えると

本当にフリーの時間は2時間ぐらい。その中で何ができるでしょう?

 

 

勉強している

私がよく提案するのは、まとまった時間が取れれば計算などの題演習をする。

机に向かって問題文を読んでじっくりと考える時間が必要なので、まとまった時間がほしいです。

わからないならそれでしょうがないので、なぜそういう答えが出てくるのか理由を自分で考える。教科書などを見る。自分でまとめたノートを見て調べるぐらいのことは必要です。

 

 

 

 

anki_card

まとまった時間が取れなくても、10分とか15分とかコマ切れの時間があるなら単語や漢字などの暗記の勉強をする。

といった方法を提案しています。

暗記の勉強は一気に何十個の単語を覚えるということは現実的に無理です。

それだったら今日はこれ覚えよう、明日はこれを覚えようと目標を立てて毎日やるほうことをおすすめしています。

 

 

勉強する時間がないという理由を言ったところでだれも同情はしてくれません。あなたは毎日部活で忙しいからテストで甘めに点数つけますということはありえません。どんな人であっても時間という資源は1日24時間平等に与えられています。

 

勉強する時間は 自分で努力して見つけてください。 これは特に中学や高校、大学受験を控えた人たちにお伝えします。

自分は資格試験の時に口酸っぱく言われました。勉強の時間がないと言っている人は、まずは自分の1日のスケジュールを振り返るこじとからはじめましょう。