こんばんは。時間があるときはスポーツ観戦(テレビで)しています塾長の池田です。

世界陸上あり、バレーワールドカップあり、サッカー日本代表戦あり、観たいものは山ほどあります。

私は試合の内容もしっかりチェックしますが、その後のインタビューにもチェックしているんです。日本人選手に特徴的なのは、試合に勝っても負けてもインタビューでは反省の言葉が出てきます。

「次の〇〇戦では…のところを修正して臨みたいと思います。」みたいな反省の言葉がよく聞かれます。

 

これって、日ごろの勉強でもとても大事なことなんです。

先月23日にはフクトの模擬試験がありました。 8.23 久留米学園高等学校をご覧ください。

また2学期に入ってすぐにはテストがありましたね。 2学期の始業式でしたをご覧ください。

結果の良かった生徒さん、悪かった生徒さんいろいろだと思います。

結果がどうであっても自分の中でどこが悪かったのか反省して次の試験に臨むことはとても大事です。特に結果が悪かった場合にはそこを避けてしまいがちです。ただそれをやってしまうとその後の成績のアップは望めません。

先生も親身になって今後の成績アップのためにどのようにしたらいいか、常日頃考えています。成績アップ、志望校合格に向けて必死に頑張りましょう。

syakai

suugaku