こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

お盆休みにも関わらず自宅や旅先で

ブログを書いています。

 

今日の久留米市は雨がパラパラ

降っていることもあって

蒸し暑さがいつもよりちょい増しです。

 

熱中症にはご注意を。

 

 

さて本日は受験勉強って何をすれば?

ということでお話をします。

 

どこかの塾や予備校に通っていても、

課題として出されている宿題の他にプラスして

受験勉強する際のアドバイスを受ける

というケースはあまりないように感じます。

 

私が集団塾や、個別塾で講師をしていたときは

このようなアドバイスをしたという覚えはありません。

 

とにかく勉強内容を教えるということばかりに

傾注していたので、

そういったことまでの機転が利かないというのは

あったかと思います。

 

受験勉強としてこういったことをやりましょうと

徹底的に言われるようになったのは、

私が国家試験の受験勉強をしていたときでした。

 

それは勉強の方向性を間違うと試験合格に

何年も時間がかかってしまうからでしょう。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 中学受験 高校受験

 

そういった経験も踏まえて、

私は必ず受験生である塾生さんについては

受験勉強として今の時期にやることをしっかり

お話します。

 

まず受験勉強の最大の目的は、

 

・受験予定の私立、公立の過去問で

出題される問題がどういったものが

出されているのかを知る

・過去問で出題される問題が

スラスラ解けるレベルに持っていく

 

ということです。目的がわからずになんとなく

勉強していますと、勉強に何時間もかけているのに

成績が思うように上がらないということにも

なりかねません。

受験勉強にあたってはこの点を意識してください。

 

これは中学受験、高校受験、大学受験のみならず、

資格試験や検定試験でも同じです。

 

 

たまに1日10時間ぐらい勉強しましたとか、

勉強時間をたくさんやったことを誇らしげに

言う人もいますが、

方向性を誤るとあまり理解できていなかった

ということにもなりかねません。

 

あと、ダラダラ勉強するくらいなら

いったん息抜きをしてから勉強に取り掛かるのも

一つの手です。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 中学受験 高校受験

 

過去問を見てもらうと毎年似たような問題が

出題されているのがわかると思います。

 

そのなかで苦手な単元があるということであれば、

その単元は教科書やワーク、プリント、塾の教材を

使って復習します。

 

その際には

必ず問題を解いて、間違えたら

何をどのように間違えたのかチェックして

正解の導き方をマスターしましょう!

 

苦手な単元の解き方がわかってきたと判断したら、

過去問の中にあるその単元の問題を解きます。

 

答えをスラスラ導くようであればあなたの勉強方法は

間違ってなかったということになります。

 

他の単元も同じようなやり方で復習します。

 

そうやってわかってきた単元が増えてきますと

成績も上げられます。

 

こういったことを受験日まで徹底的にやり続けます。

 

受験勉強って何をどのようにやっていいのか、

わかっているようでわからないのが現実です。

 

何らかのお役に立てば幸いです。

 

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 中学受験 高校受験