こんばんは、久留米松陰塾 国分校の池田です。

久留米市の中学校ではどこの中学校も中間試験は終わったようです。

結果を見てあれこれということになるかと思いますが、とりあえずホッと一安心です。

 

今回はウチの塾に来てもらっている塾生(特に中学生の方ですかね)の大半が出されている自学ノートについてふれていきたいと思います。

自学ノートとは自主学習ノートというもので、1日数ページ出されているようです。

自学ノートの内容がいいと内申点の評定も良くなるようで、皆さん結構真剣にやっているようです。もう少しきれいに載せようと思いましたが、これが限界です。

l52JyDGVqpbsXzAxPUQ

import_4fe3d354e8b02

 

自分で何らかの内容を自主的に学習するという点ではとてもいいものだとは思っています。

ところが一部の生徒の話を聞いてみると、ただテキストやら答えのまとめの部分を写しただけということも言っていました。

やり方を間違えると単なる作業になってしまうという恐れもあるということです。

だったら、

自学ノートの宿題が終わったら一度問題を解いてみましょう。

綺麗にまとめられるとなんだかうれしいものですけどね。

一番あぶないのはわかったつもりでどんどん次の単元に突き進むことです。

理解しているかどうかチェックしましょう。

 

 

 

できないところがあるのならそこを復習します。せっかく書いたノートがあるのならそれにマーカーなど引いて覚えるべき内容をはっきりさせましょう。何度も同じ内容を復習しているうちにどこの部分を覚えていればいいのかわかってきます。

学校で宿題として出される自学ノートはそれ1回きりですが、1回ノートに書いたからと行って頭に入る人はまずいません。

本当に成績を上げたい人にお伝えします。

何度も繰り返し勉強してください。

なんか特別な問題集を買ってまで勉強する必要はありません。学校のワークとかプリントで十分です。同じ問題を解いて満点取れればこちらの勉強が間違ってなかったということです。そこまで勉強することですよ。

 

勉強で何がこわいかというと、わかったつもりの状態で次の単元でどんどん突き進んでいくことです。自分の知識が正しいのか問題を解いて試してみることです。別に間違えたからこれではいけないということではなくて、また復習すればいいだけです。

 

なぜなのかはわかりませんが、どこの小学校も中学校も本当によく自学ノートの宿題が出されますので、自分の考えをこのブログで書いてみました。