こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

久留米市の大方の中学校では体育祭終わりの振替休日でした。

体育祭でかなり体力を使ったと思います。

 

しかし、久留米市の一部の中学校では中間試験が迫っているところもありますので、

そこの生徒さんはあまり気を抜いている場合ではありません。

成績に直結するものですからベストを尽くして定期試験に臨みたいものです。

久留米市 国分 塾 小学生 中学生 夏期講座

定期試験の最終チェックとしてやるべきことにはこんなことが挙げられます。

1.定期試験前に出される課題が段取り良く終わらせているか

2.試験範囲の学習漏れはないか確認する

3.苦手な分野をそのままにしていないか

 

1.ですが、課題を終わらせるのは当然のこととして、できれば2度目の復習をやりたいところです。

2度目の復習は課題の範囲を全部復習するのではなくて、1度目の課題をこなしたときによくわからなかったところを

2度目の復習でできるようにするのが目的です。

2回復習するということを前提にして、日頃から少しずつ課題に取り組むことが大事です。

そうすると余裕を持って2度目の復習までできます。

 

2.については試験の大体2週間前にもらう試験範囲表を見ながら試験勉強することです。

一通り勉強したものについてはチェックマークをするなど工夫すると良いです。

 

3.がとても大事です。苦手なものに目を背けて取り組もうとすらしない人がいますが、

間違えてもいいので自分なりにいろいろ考えて答えを出してみることが大事です。

正解するに越したことはないですが、

間違えたときには何をどのように間違えたか分析する

自分の力でその理由がわかればいいですが、そうでなかったら友達や先生などの力を借りてでも

腑に落ちるまで粘り強く考える事が大事です。

問題の解き方がわかるようになれば、似た種類の問題にも対応できるようになります。

 

定期試験や中学入試、高校入試、大学入試は試験日までの準備がしっかりできたかどうかが

高得点を取れるためのカギとなります。

 

ぜひ試験日まで全力を尽くして勉強頑張ってください。

久留米市 国分 塾 夏期講座