こんばんは、久留米松陰塾 国分校の池田です。

今日の久留米市はよく晴れましたね。台風一過とはまさにこのことですね。台風一家ではないですよ。

o0960054013725287864

 

今日は当塾で漢熟検、数学検定の募集を受け付けているのと、高校入試、大学入試に向けた勉強をしている方もたくさんいらっしゃるでしょうから、過去問をよく調べてもらうことの重要性をお伝えしたいと思います。これは他の検定試験や国家試験などの勉強でも役立ちます。

過去問をそのまま転載するのは著作権の問題がありますので、県立高校入試の過去問分析したときのブログをリンクで貼っています。

高校入試 過去問の出題分析:数学

 

どの試験を受けるにしても毎回出題傾向が変わる試験はまずありません。理由はものすごく簡単で、出題傾向が一気に変わると得点の平均がおもいっきり下がってしまうので、試験問題作成する立場としては問題があるからです。基本的には平均点のところに多数の受験生が集中するが理想です。

normal_dist_01

 

図中には見慣れない文字がありますが、μ(ミュー)は平均の点数を表すということぐらいわかっておけば十分です。受験生の能力の程度により差が出るようにしなければならなりませんので、奇をてらった問題は出題されにくいということになります。

 

ということは、過去問を取り寄せてどんな問題が出題されたか確認する必要があるということがわかってもらえると思います。

過去問を調べるには各所に過去問集というものを売っていますのでそちらを参考にしましょう。

スクリーンショット 2016-09-22 00.23.05 スクリーンショット 2016-09-22 00.24.43

スクリーンショット 2016-09-22 00.33.27 スクリーンショット 2016-09-22 00.38.35

 

ざっとこんな感じで並べてみました。過去問を一通り解いてみればわかることですが、学校で勉強したことがなんでもかんでも出題されるわけではありません。なのでやみくもに勉強するのではなくて、必要な範囲だけ勉強すればいいだけです。そういうふうに考えれば、何の勉強でも勉強の方向性は見えてきますね。

100%でなくてもある程度解けるようなら学校で学んでない分野はとりあえず無視しておいて解いてみましょう。正解するに越したことはないですが、間違えたら間違えたで

なぜその問題を間違えたのか理由を確認

必ずやってください。これがわからないと何度やっても同じ間違いばかりして時間の無駄。

間違うことが悪いというより間違いの分析をしないことのほうが悪い。

 

仕事勤めするようになると言われるような内容ですが、勉強も同じです。それを理解した上で勉強に取り組んでみましょう。

 

最後に、数学検定、漢熟検でいままでの学習の定着度合いを図ってみるのはいいチャンスだと思っています。

ぜひよろしければ合格目指して頑張ってみましょう。

スクリーンショット 2016-09-22 01.08.39 漢字習熟度検定