こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

だんだんと久留米市の方も蒸し暑い日が続くようになりました。

市内の中学校では体育祭がもうすぐ行われるということもあって、

授業よりも体育祭に向けての練習が真っ盛りのようです。

 

今回は、昨日たまたま営業の方とお話をしていて思い出したことを書きます。

その方のご親族が看護師の仕事をしつつ、2年ほど英会話教室に通っていらっしゃるという話をされていました。

病院にも外国の方が来られることも一昔前よりは増えてきたようです。そういう訳もあって英会話教室に通われるようになったらしいとお聞きしました。

久留米市 国分 塾 個別 中学生 小学生

 

こんな感じのお話をしていたのですが、

私も昔の仕事でいろんな方と接する中で、

お仕事をしながら英語の勉強をされているという方がいらっしゃいました。

その方は自動車の解体業の方なので一見すると英語と関連性がないようにも思えますが、

韓国や中国、タイやバンコクから解体する前の自動車や自動車部品を買い付けに来る企業がいるそうで、

その人達はみんな英語が普通に話せるので、英語がまともに話せないと折角の取引のチャンスを逃しかねないと。

そんなきっかけで英語の勉強を始めたとおっしゃっていました。

 

そういえば、過去に私が日本で知り合いになった韓国人の方もみんな英語が話せました。

今でも久留米から福岡市内の方に出かけると、英語で話をされている方を本当によくお見受けします。

いつの間にか英語が身近なものになってきているのがわかります。

数年前の状況でも日本で英語を使って仕事をする機会があちこちで見られるようになっていたので、

今後は英語を使うというのが当たり前の世の中になるのではないかと思いました。

英語プラス看護師資格、英語プラス弁護士みたいに。

 

学校で学習する教科の中で英語がキライという生徒さんはたくさんいらっしゃいますが、

実社会では英語を使ってお仕事をするということが増えてきているというのが現実です。

英語を話す、聞くだけではなく、理屈っぽいことも勉強するから嫌いになる人が多いのだろうとは思いますが、

そんな事も言っていられません。

英語が読める、聞ける、書けるまでになると間違いなく社会で重宝される人材になります。ぜひ英語の勉強をしっかり頑張ってみて下さい。