こんばんは、久留米松陰塾 国分校の池田です。

いよいよ久留米市というか筑後地区の私立高校では一般入試が始まります。

入試が迫っているということもあって、当塾の受験生も最近は午後10時過ぎまで勉強に励んでいます。希望の高校、学科に合格できるかできないかって今後の生活に大きな影響を与えると思います。それだけに受験生の皆さんはなんとしても合格したいという思いで必死です。

どの受験生も同じような感じなのですが、入塾したばかりの時は今の段階でこの高校を受験するのはどうなのかな?と言われるような状況でした。ですが、ここ数か月の猛烈な追い込みで何とか戦えるレベルぐらいにはなってきました。

それは、

受験生自らが積極的に勉強に取り組んできたから

これに尽きると思います。

 

私はよく部活の練習を引き合いに出して塾生さんに伝えていることがあります。例えば野球部だったら、グラウンド何十周、バッティング、バント、守備練習など毎日2,3時間ぐらいやっています。

そもそも何のためかと言えば、練習試合や大会で相手チームに勝つため、先輩や同級生からポジションを奪うためといったことが挙げられます。目標があるから努力するわけです。

勉強も部活と同じで、英単語や科目ごとの重要語句を覚えたり、計算問題を解いたり、少なくとも学校の勉強だけでも1日5,6時間ぐらいやっています。それでも足らないという人は学習塾でプラスして勉強しています。

何のためかと言われたらテストや模擬試験でいい点を取りたい、最終的には入試で合格して自分の希望する中学や高校、大学に進学したいからだと思います。

 

勉強も部活も日々の練習がとても大事です。時には嫌になることもありますが、素晴らしい結果をつかむためには必ずやっておかなければならないことです。特にこれから受験を控えている方へ、あなたがこれまで必死になって勉強に取り組むことができましたか?それができたということであれば

ゼッタイ他の受験生なんかに負けない

その気持を持って試験に望んでください。