こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

先週の台風、豪雨とは打って変わって、今週は本当によく晴れましたね。

私は朝から昼まで外にいることが多かったので、顔や腕が日焼けして赤くなるぐらいになりました。

クーラーを入れた室温と外気温との差で夏風邪をひいたり、熱中症になったりした塾生さんもいたので、

くれぐれも夏風邪や熱中症にも気をつけてください。

 

それでは今日の記事についてですが、塾の無料体験で現状の成績や普段の学習状況などお話を聞いていて、

常々感じていることを書きます。

最近は受験生よりも中1、中2の方にお越しいただくことが多いのですが、

生徒さんの保護者の方から話を聞くと

うちの子は定期試験が迫ってきても全く勉強をしない

ということを言われます。

家では早くしなさいと怒っているのですが、机に向かうだけで何もやろうとしない。

 

一方で生徒さんのお話を聞くと

定期試験の勉強と言っても何をしたらいいのかわからない

なので机に向かっても勉強せずにスマホをいじっていたという話も多いです。

久留米市 国分 塾 個別 

 

 

塾の先生をしているとこのような話は非常によく聞きます。

こういったケースの場合、

勉強の仕方を教える

のは当然のこととして

苦手な単元をイチから探っていく

必要があります。

 

 

勉強の仕方については、小学校からずっと勉強しているわけだから勉強の仕方ぐらいわかるだろうと

おっしゃる保護者の方もいますが、実際はそうとも言えません。

小学校のときは計算ドリルや漢字ドリルなどの課題が毎日出されるので、

それを毎日こなしていけばどうにかなります。

また、学習した単元が終わればテストに入ります。

内容を覚えている間にテストが行われますので、中学校の場合より高得点が取りやすいです。

久留米市 国分 塾 個別 小学生 中学受験

 

それに対して中学校の場合は、小学校のように漢字ドリルや計算ドリルが毎日出されることはありませんし、

久留米市の大半の中学校では自習ノートが宿題の中心となっており、

自学ノートを宿題として出す意図を読まないと、単なる作業になってしまう。

また、だいたい2ヶ月に1度のペースで定期考査が行われるので、

最初の方に勉強した内容については忘れてしまいがちです。

日々復習をして定期考査、ひいては高校受験に備える必要があります。

久留米市 国分 塾 個別 中学生 高校受験

 

小学校と中学校とでの勉強の取り組み方にはキャップがありますので、

勉強の仕方をイチから教えて、いずれはこちらから課題を出さずとも

自分でこの分野の勉強をやりたいと考えて行動できるようにしていきます。

 

 

苦手な分野をイチから探るのは特に数学です。

小学校から知識を積み上げていく教科なので、

小学校でわからなかった分野をそのままにしておくと、

中学校になっても後々影響を及ぼしていきます。

例えば小学校の分数の内容がわからない人に中学校のプラスマイナスの話を教えても、

必ず引っかかるところが出てきます。

あいまいな知識の上に更に知識を積み上げても全然理解できなくなります。

 

 

当塾では特に数学については、中1、中2の人には基本的に中1の内容からスタートさせて、

苦手分野を見つける

苦手分野をイチから学び直す

繰り返し復習する

に重きをおいています。

英語は人によって最初からスタートする場合もありますが、その他の国語、理科、社会は

高校受験を控えている人以外は、現在の学年の内容を復習していきます。

 

 

2018年夏期講座を受付中です!

学校の授業が進まない夏休み中の平日20日間に夏期講座を実施します。

成績がなかなか上がらない、受験に向けてどのように勉強していけばいいのかわからないなど、

各人の勉強に対する悩みを解決するための講座としてご活用ください。

価格や時間帯につきましては下記画像をクリックしていただきますと夏期講座の説明ページへジャンプします。

久留米市 国分 塾 個別 夏期講座

ちょっとでもご興味をお持ちの方はお電話や問い合わせフォームからご連絡ください。

塾長 池田がご対応いたします。よろしくお願い致します。