こんにちは、久留米松陰塾の池田です。

おとといから久留米市のみならずどこの学校でも夏休みは始まったようで、通知表の結果をもらってへこんでいた子もいれば、成績上がったよと知らせてくれる子もいました。周りのみんなと通知表の話で持ちきりでした。。

 

これから夏休みにはいるということなので、塾の近辺の小、中学校はたいてい、各教科のワーク、読書感想文、人権ポスター、自学ノートの作成、その他プリントといった宿題が一般的です。

出された宿題を早めに終わらせようとするのか、提出期限ギリギリに終わらせるのか生徒さんによって本当に傾向が異なります。

実は夏休みの宿題はほぼ終わらせたと言ってきたお子さんもいます。その子からは夏休みの工作も終わったよと見せてもらいました。

 

学校の宿題に関しては塾生の皆さんにお伝えしていることがあります。それは、

お盆前には一通り宿題を終わらせることを心がけよう!

と伝えています。

学校にもよりますが、分量はそれなりにありますのでハードスケジュールかもしれません。ハードスケジュールをこなして次の一歩の学習ができるからそんな話をしているわけです。

もう一歩の学習とは、

わからない分野は再度復習する

 

基本的に一度勉強したからといって、勉強した内容が全て頭の中に入る人は殆どいません。そこで、解答、解説を見てもさっぱり言っている意味がわからないものや、たまたま問題に正解したものについては問題の番号に印をつけておきます。

2回目以降の勉強のときに、その印をつけた部分だけ復習するということです。

どうしても宿題を終わらせることに一杯になる気持ちはわかりますが、いつもより勉強に当てられる時間は長いはずです。その時間を大事に、集中して取り組んでください。

人より成績を上げたいということであれば、人より努力すること

塾では勉強の内容を教えるということよりも、勉強の仕方を教えるという側面が強いのでこういったことを徹底しています。これだけがんばってもなかなか成績が上がらないということは、勉強の方法を見直すチャンスと言っていいでしょう。各種入試の直前にこんな話をしているわけではないので、あなたが得意な分野、苦手な分野を把握して、次の学習に向けてがんばってください。

 

参考記事

なかなか作文が書けないんでどうしよう…そんなあなたへこんなワザ!