こんばんは、久留米松陰塾の池田です。

昨日の金曜日に小学校からもらった宿題が難しくていまいちわからないということでちょっと説明しようと問題を読んだら、

高校受験で見たことのあるような条件のついた文章作成の宿題でした。

 

問題の中には資料も記載されていることからすぐには答えられず、

一度熟読してから答えを導くプロセスを話しましたので、とりあえず一件落着。

 

この手の問題を解いていて思い出したのは、

「私が小学生の時と比べると問題が難しすぎて教えられない!!!」

無料体験のときや保護者面談のときに話によく出てきます。

小学生の内容でも、親御さんが教えようとしても教えられないレベルの内容を学習します。

一昔前とは教育内容が変わってきており、今の学生さんは単に覚えていればいいという勉強ではなく、

「論理的思考力」と「記述力」、「表現力」を要求する教育内容に変わってきています。

 

なんだか難しいことを教えているような感じに思われるかも知れませんが、

要領さえつかめば着実に点数を上げることができます。

 

ただ、内容を理解しつつの問題の要求している内容に即して論理的に文章で説明する力が求められるので、

これまでよりも成績を上げるのに時間はかかります。

 

 

私はこれまでに出題された公立高校の過去問や模擬試験、全国学力調査の問題を分析した上で、

どういうふうに要点をまとめるのか、論理的に文章を書いていくのか常日頃指導しています。

文章を書く問題は国語、数学、理科、社会、英語すべてに共通して出題されますので、

ぜひ中学受験、高校受験、大学受験までには身につけておきたいですね。

 

今の時期は勉強の成績が上がらないとか、勉強の仕方そのものがわからないなど

勉強の悩みを持たれた保護者様から無料体験のご依頼をいただきます。

私は基本的に計算や暗記すべき内容についてはパソコン教材にある程度委ねていますが、

完全な記述問題については個別に教えています。

テクニックの話よりも根本的に大事なことを中心に口酸っぱくご指導させていただいております。

 

少しでもご興味お持ち頂いた方はぜひ一度無料体験の際に詳細をお話いたします。

現在キャンペーンを行っていますので、なるだけ早いウチノお越しをお待ちしております。