こんばんは、塾長の池田です。

 

昨日の授業がおわってからは、今日のことがずーっと気になって気になってしょうがない。気もそぞろとはまさにこのこと。家に帰ってきて寝よう寝ようと思って床についても眠れたもんじゃない。人のことだと言ってしまえばそれまでだが、自分の度を超えた心配性をうらみたい。

 

朝早くには受験した高校で結果が張り出され、その場に喜びと悔しさがそこには入り混じる。結果がわかった生徒さんはいったん中学校に行き、それから今後通うことになる高校の入学説明会。宿題をもらって帰宅。

 

結果がわかったら連絡くれた、連絡してもつながらない、連絡できなかったという生徒さんもいまして。せっかくウチの塾に来てくれたのだからみんな合格して欲しいと願っていたが、合格した人、そうでなかった人に別れてしまったのは試験が持つ残酷さ。私もいろんな試験で味わってきたので特に苦渋を味わう羽目になった子には励ましの言葉をかけた。こっちの気持ちが伝わったかどうか分からんが。

 

自分としてもみんなを合格させてあげられなかったのは苦虫を噛み潰す思いでいっぱいだ。みんなが希望の高校に行かせられるようにいろんな面で工夫が必要と痛感する。

 

今日という日は塾をやっている人間としては、今後の塾運営に生かすためにも忘れてはならない日だ。