こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

明日から久留米市のほとんどの小中学校は始業式を迎えます。

明日のクラス替えが心配だと言っていた塾生さんたちの話を聞いているとなんだか懐かしいとつい感じてしまいました。

久留米市 国分 塾 個別

 

さて今回の話は特に今年中学受験や高校受験、大学受験を控えた生徒さんにむけての話です。

定期試験の場合は試験が行われるだいたい2週間前には試験範囲が発表され、その部分を集中的に勉強していきます。

これに対して入試の場合は今まで学習した膨大な範囲の中から出題されるため、試験範囲が発表されることはありません。

このように定期試験と入試とでは試験範囲に大きな違いがあるため、異なる戦法で試験に臨む必要があります。

 

定期試験に向けての戦法

まず定期試験ですが、試験範囲が発表されてから定期試験に向けた勉強を始めるという人がほとんだと思います。

しかし、試験範囲が発表される前からだいたいどのような内容から出題されるのか

学校の授業を聞いていればある程度想定できます。

 

そこで少なくとも

その日に勉強したことはその日のうちに復習する

試験の3週間前からは前回試験範囲の次の分野から復習する

このことを意識してください。こちらの方はしっかり勉強すれば満点をとることができます。

学校だとか塾だとかある程度教えてくれるでしょうが、やるかどうかは自分次第です。

本当に成績を伸ばしたいと思うなら日々の作業として実践することです。

入試に向けての戦法

これに対して入試の方ですが、定期試験に向けた勉強とは別に、

過去に学習した内容の分野をひととおり復習していく必要があります。

一単元復習したら過去問を解いてみて出題傾向を知る

このことを意識してください。

 

入試の場合は満点を狙う必要はありません。

志望校に合格すればいいわけですから、何度も似たような問題を解くことで少しずつ成績は上げられます。

完璧に復習して完璧に満点を取ることを考える必要はありません。

 

また、受験勉強はだいたい1年ぐらいの長丁場ですので定期的に模擬試験を活用することをオススメします。

フクトの開催カレンダーには各回の試験範囲も掲載されていますのでそちらをご活用ください。

フクト開催カレンダー

 

模擬試験を活用することで

現在の自分の実力を知ること

間違えた問題で問われていた分野を復習するキッカケを作ること

 

模擬試験の活用とは、偏差値がいくつだとか合格判定だけを見て一喜一憂するということではありません。

模擬試験で志望校の合否が決まるわけでもないので、間違えたら間違えたで、

この次間違えないようにするためにはどのような行動をしたらいいのかよく考えることです。

久留米市 国分 塾 個別

 

わかるようになるまでには時間がかかっても、いったんわかるようになればあなたのモノです。

わかった!できた!小さな喜びを大きな喜びに変えられるようにサポートします。