こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

 

東国分小の5年生の塾生さんたちが最近分数のたし算の勉強したと話をしていたので、

「今勉強している分数の計算わかる?」と聞いてみました。

一人の子は「めっちゃわかるよ。」と言っていたのに対して、ほかの子は「あんまりわからんかった」と感想を言ってくれました。

実は分数の計算は中学校になってもいろんな場面で必要になってくるので、

いったんわからなくなるとそこから算数、数学の成績がガタ落ちになっていくケースが見受けられます。

 

算数や数学は分数だけでなく、他の内容でもいったんわからなくなると後々学校の授業についていけなくなるものがあります。

そこで、この内容が苦手な小学生はちょっと気をつけておいてほしいものについて少し書いていきます。

分数

1/5+2/3とか1/4÷3/2など計算自体がわからない人もいれば、どういったときに通分するのか、約分するのかわからないという人がいます。

中学校に入ったら1年生の1学期から分数は早速出てきます。

割合

何%や何割といった話ですね。教科書にはもとにする量とか比べられる量という表現が出てきます。

説明がまどろっこしいから余計に難しくしているような気もしますが、これも苦手という人が多いです。

リンゴ1つ100円で売っていたところを傷物だったということで3割引きにしましたなどと例題を作って中学生に説明することもあります。これも中学でよく出てきます。

比の値

例えばお母さんからもらった1000円を姉と妹で6:4に分けたときに姉と妹はそれぞれいくらずつもらうことになるかという話です。

6:4に分けるということは全体を10としたときに姉は6の分だけ、妹は4の分だけもらうことになるという考え方を理解できるようにしたいですね。

比の話は単に計算だけでなく、長さや面積、体積の問題でもしょっちゅう出てきます。

図形の面積

特に円周の長さの公式と円の面積の公式を間違えることも多いです。

公式が紛らわしいというのが最大の理由でしょうが、紛らわしいので問題に出しやすいということもいえます。

円周を求める、円の面積を求める、どちらも中学でよく出ます。知識を整理しておきましょう。

 

 

この中に一つで苦手なものがあるなら重点的に復習を

これらは全て中学生になってもしょっちゅう出てくる内容です。小学生のうちに基本的な計算がしっかりできるように、時間のあるときに重点的に復習することをオススメします。今の段階では苦手だというものも要領をつかむまでは繰り返し復習することが大事です。

苦手なものを一つでも減らしていけるように頑張りましょう!