こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

中学生の中間試験は一段落し、中高一貫生、高校生が中間試験を迎えています。

そういった塾生さんは、今日も追い込みの勉強をしないといけないということで時間を多めに授業をしました。

今週の中間試験の結果がどうなることやら楽しみでもあり、不安でもあり。

久留米市 国分 個別 塾 小学生 中学生 高校生

 

それでは今回はもうすぐ中学生になる生徒さん向けのお話です。

当塾に限らず、かつて勤務していたいくつかの塾でも同様のことですが、

数学が苦手という人の大半は、算数の分数・小数の計算が苦手という傾向があります。

分数・小数の足し算、引き算、掛け算、割り算どれをとっても中学校の勉強では絶対使います。

分数の計算の仕方を大きく2つに分けると、

  • 足し算、引き算は通分が必要
  • 掛け算、割り算は通分不要

分数の計算全体に言えることは、場合によっては訳文が必要。

このルールは絶対に覚えて置かなければいけないことです。

久留米市 国分 個別 塾 小学生 中学生 高校生

当塾に入ってこられた中学生の中にも分数や小数の計算が苦手という人はいますので、

定期試験の対策時期以外、受験生でもない限りは中学生でも小学生の分野にさかのぼって復習します。

親御さんにもお子さんの理解状況によっては過去の学年にさかのぼって学習する旨のお話をしますが、

どうしても不安に思われる方がいらっしゃるのは事実です。

しかし、特に数学に関しては「急がば回れ」のスタンスで、理解の土台を積み直して行くほうが長期的には成績を伸ばす傾向があります。

時間が許せるならばじっくり時間を掛けて簡単なものから徐々にレベルアップしていきましょう!

あきらめずに日々コツコツやれば1ヶ月後には分数の内容はしっかりできるようになりますよ。