こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

 

前回の模擬試験の結果が返却されてからその復習を一緒にやるケースがあります。塾生さんと一緒に見直ししているときに

あれがわからなかった、これがわからなかったと感想をもらすことが多々見られます。

事前に範囲は指定されているわけですから当然のことながら復習をして試験に臨むわけですが、どうしてもこの分野は勉強が進まなかった、覚えていたつもりだったのにできなかったなんてことはよくある話です。

特に数学に関してはこんな感想を漏らすことがあります。

 

この問題が次の問題を解くヒントになっているのに気が付かなかった!

 

図形の問題や関数の問題は(2)と(3)の問題が連動していたなんてことがあります。こういった問題は日頃の授業や定期試験ではなかなか見受けられない傾向です。

ですので、模擬試験を通じてこういった問題の出し方があるんだなということを体感することが大事です。

入試が迫っているというのもあって試験結果に一喜一憂する人も見られますが、入試に頻出の分野はこれから学習します。間違えた内容はこれを機に理解できるよう復習しましょう。

間違えることは成績アップの第一歩です。その分野を繰り返し復習することが成績アップのカギになります。しんどい時もあるでしょうが、今やった努力は後々報われます。

がんばってください。