どうも、こんばんは。塾長の池田です。

最近は自分も勉強の一環として他の方のブログをちょこちょこ拝見する機会が増えました。

ブログの内容は勉強になる一方で、どうしても残念だなあと思ってしまうのが漢字の誤用です。

せっかくのすばらしいブログであっても、漢字の間違いが目立つとブログの内容のほうに目がいかないんですよ。

(誤用例)

①「超える」と「越える」

今年も暑い夏を超した。→越した(時間とか場所を越えるときに使う)

テストで目標の点数を越えた。→超えた(基準を超えるときに使う)

②「早い」と「速い」

朝、起きるのが速い。→早い(時間が早いときに使う)

彼は走るのがとても早い。→速い(スピードが速いときに使う)

 

パソコンを使ってブログや原稿を書く機会の多くなった昨今では、このような変換ミスを目にすることが多くなりました。こういう時代であるからこそ余計に漢字の常識力が一層問われるのだろうと思います。

image  image

そういう意味で当塾でも試験会場にしています漢熟検(漢字習熟度検定)はお勧めいたします。

漢熟検は漢検とは異なっていて、漢熟検は100%記述の試験になっていて、漢検よりは間違いなく難しいです。だからこそ試験問題もシビアなものが多く、お子さんのみならず大人の方も受験するに値するものだと思っています。

漢熟検を受験される方を応援するために、家族ペア割や漢熟エリート賞というものも準備されています。ぜひ受験してみてはいかがでしょうか?   漢熟検の募集。

お待ちしております。