こんにちは、久留米市国分町の久留米松陰塾国分校の池田です。

Facebookには少しだけ書きましたが、22日の朝にビジネス雑誌の取材を受けました。

雑誌「COMPANY TANK」 http://www.companytank.jp/

この時期は八女市や広川市、久留米市のいろんな業種の経営者とインタビュー取材をされているということで、

たまたま当塾に白羽の矢が立ったということです。

このインタビュー取材依頼の電話を受けたのは取材の前日の21日、午前中のことだったと記憶しています。

この電話を受けたときは正直なところ、「なんでウチが?」という思いが強かったのですが、

こういった経験は二度とないと思ったのでお引き受けすることにしました。

その日の夜には塾のことについて事前質問の内容を書いたメールをいただきましが、あまりいろいろ準備して望むよりも、

当日その場で思っていることをストレートに話すほうが余計な緊張をしなくていいと思ったので全く準備をしませんでした。

 

当日です。カメラマンの方と司会の方、そして元チェッカーズの鶴久さんです

。塾をオープンするまでの経緯や自分の経歴、塾としての教育理念、これから塾をどのようにしていきたいかといったことをお話しいたしました。

雑誌が発行されるのでここでは書きませんが、とても面白い経験をさせていただきました。

 

30分ぐらいだったのですぐに終わりましたが、鶴久さんは南筑高校出身だということはわかっていたので、「ウチの塾に鶴久さんの後輩が塾に来ていますよ」という話もしました。ザ・ベストテンの生中継で南筑高校にチェッカーズが来るので見に行った話もしました。他にも色々お話はしたかったのですがお時間の関係もあり、その程度のお話しかしませんでした。

鶴久さんを始めカンパニータンク取材班の皆様、大変貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。