こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

 

2年後とか3年後など中学受験を希望されている保護者の方もいらっしゃるかと思います。

 

こういった話を4月になってからしてもみなさまへ伝わるのに時間がかかるので、

今の時期に保護者の方へ3つのカテゴリーに分けてお伝えいたします。

 

塾に入れる時期はいつごろがいいのか?

中学受験を考えていらっしゃる保護者の方は、

 

公立学校よりもいじめが少ない?

なるだけ偏差値の高い大学へと行かせたい?

公立学校よりもいい教育を受けさせたい?

 

そんな思いがあって決断されることになるかと思います。

 

ごくまれなケースとして小学生の低学年から塾に行かれるというケースもありますが、

大体5年生の段階で塾に通われるケースが多いです。

 

その理由は中学受験で出題される内容は、

 

だいたい小学5,6年の内容から出題される

小学校の勉強だけでは間違いなく足らない  からです。

 

特に顕著なのは算数ですが、

鶴亀算、和差算、過不足算から合同、相似といった図形の応用問題まで、

小学校で勉強する内容にプラスして出題されるので、

どうしても早めに学校で学習する内容を早めに終わらせて受験対策をする必要があります。

 

 

当塾の場合は受験で勉強する内容については受験向けの算数の基礎については、

中学生の一部の内容を学習することですべて解決させます。

 

ただし、この勉強についても少し時間はかかるので、

早いうちからの塾通いをされる方がいいと思います。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 冬期講座

 

お子さんに中学受験について話し合いをする

中学受験の段階ですと保護者の方の意思が全面に出るかと思います。

しかしお子さんの意思を無視して中学受験をする場合、

途中で挫折してしまうケースが見られます。

 

私はかつて集団塾、個別塾、家庭教師といろいろやってきましたが、

お子さんの意思を無視して中学受験をさせようとすると大概途中で挫折

してします。

 

 

お子さんは遊びの時間が減ることを嫌います。

中学生になっても小学校時代の友達と離れるのを嫌がります。

 

コレを上回るメリットを保護者の口からきちんと説明すること

今後、お子さんの勉強のやる気にもつながってきます。

 

かなりむかしに「ウチのコを中学受験の勉強頑張るように説得してください」と言われたことがありますが、

中学受験勉強をさせる判断をした保護者の方が、

きちんと責任を持ってお子さんを説得するのが筋だと思います。

他人が説得したどんなに説得したところでお子さんの心には響きません。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 冬期講座

 

普段から勉強している姿を褒めてあげる

字面だけで書くと簡単なことのように見えますが、

実際にコレを実践されている保護者の方はほとんどいらっしゃいません。

 

模擬試験の結果ばかり見て

「あれがよくない、これが良くない、もっと頑張らないといけないじゃないの!」

「なんでこれくらいできないの!」

 

結果ばかりに一喜一憂するのではなくて、

「ここができるようになったからよかったね。次はここをがんばろう。」

「毎日よく勉強しているね。その調子よ。」

こんな感じです。

 

もしも保護者のあなた自身が、

「あれがよくない、これが良くない、もっと頑張らないといけないじゃないの!」

「なんでこれくらいできないの!」

と仕事場で上司に叱責されたらどう思いますか?

 

褒められるといい気分になるのは誰しも同じです。

中学受験を最後まで乗り切るにはとても大事な要素ですので、

「褒める」ということを意識することをオススメします。

 

 

今回は中学受験を検討されている保護者の方へ、

よくある質問も含めつつ一度保護者さんに心がけてほしいこととして掲載しました。

今まで私が実体験したことなので、

きっと中学受験を検討されている方のお役に立てると思います。

久留米市 国分 塾 個別 通い放題 冬期講座

2017冬期講座のお知らせ

12月下旬から1月上旬までは当塾でも冬期講座を行います。

 

特に定期試験でなかなか点数が伸びなかったという人にはぜひお越し頂きたい講座です。

 

学校の授業が進まない今だからこそ苦手分野を少しでもなくしていくにはいい時期です。

 

学校では教えてくれない、私が塾講師を長年勤めてきた経験、各種受験で得てきた経験を、

 

冬期講座の中で時間のある限りお伝えしていきたいと思います。ご興味をお持ちの方は下の画像をクリックしてください。

久留米市 国分 塾 個別 冬期講座