こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

先週久留米市の中学校で行われた体育祭の感想を中学生の塾生さんから聞きました。

塾生さんが属していたブロックはすべて優勝は逃したようで。

他愛のない話ですが、報告してくれるのはなんだか嬉しく思います。

久留米市 国分 塾 中学生

今日は元塾生だった高校生の子がぼやいていた話を書きます。

多分、進学系の学校では1年生の2学期ぐらいから2年次に向けた進路選択が迫られます。

2年次に文系大学受験クラスと理系大学受験クラスに分かれて授業が行われるので、

1年次の段階から学校で理系クラスに進むか文系クラスに進むかという話が出てきます。

高校に入学して、学校生活にも慣れてきつつある段階でこんな話をされるとは思いもよらなかったと思います。

そこで理系と文系の違い、選択にあたっての私なりのポイントをお伝えします。

久留米市 国分 塾 個別 高校生

理系、文系とは一体何か?

●理系とは、数学や理科の知識を中心とした学問・・・

大学の学部としては一般的に、

医学部、薬学部、歯学部、農学部、理学部、工学部、理工学部、等

●文系とは、国語や社会、英語の知識を中心とした学問

大学の学部としては一般的に、

法学部、経済学部、文学・人文学部、教育学部、外国語学部、等

※理系クラスでも文系クラスでも英語は必須です。

 

文理選択の段階で将来の大学選びや職業選択にも関わってくる

高校で学習する分野は多岐にわたるため、文系クラス、理系クラスで学習する範囲が異なってきます。

文系クラスであれば社会の教科が地理、日本史のように2科目選択、

理系クラスであれば理科の教科が生物、化学のように2科目選択、数学Ⅲが追加といった感じです。

 

学校で学習する範囲が異なってくるために、文系クラスの生徒さんが理系学部を、

理系クラスの生徒さんが文系学部を受験するとなると新たに追加で勉強しなければなりません。

 

高校での文理選択が大学の学部選択にも影響し、さらには職業選択にも影響を与えることになります。

文理選択にあたってのポイント

将来やりたい仕事がすでに決まっているという人に関しては、

やりたい仕事に就くために必要な知識が何なのか自分なりに分析した上で文理選択することをオススメします。

特に専門知識を要する職に就きたい人は文理選択を間違うと進路修正するのに一苦労します。

参考として、

外部サイト:

文理選択どうする? 文系じゃないと就けない仕事、理系じゃないと就けない仕事

将来のことは何も決まっていない人に関しては、

自分の得意教科が何かということから文理選択するのが無難でしょう。

大学進学するにあたってわざわざ苦手な教科を選択する必要もありません。

大学に進学してからでもいろんな知識を得たり、いろんな人との出会いでやりたい職業に出会えることもあります。

 

高校1年になってすぐの段階から文理選択の話を学校の方からされますので、

なかなか将来のことが想像のつかないまま文理選択せざるを得ない事になりかねません。

文理選択した段階で将来のすべてが決まるというわけではないですが、

上述のように将来に影響することになるので慎重に決断してほしいと切に願います。