こんにちは、久留米松陰塾国分校の池田です。

 

この頃の久留米市は朝夕は一桁台の気温ですし、昼間でも10℃台前半の気温で、非常に寒くなってきました。

 

塾生さんの話を聞いている限りでは、まだ塾近辺の小中学校では学級閉鎖に至るまでにはなっていないようですが、

毎日5,6人の生徒さんが休んでいるという話は聞きます。

 

ぜひとも風邪やインフルエンザへの対策は常々考えておかないといけません。

 

特に受験生は必須です。

 

それでは今日は最近行われている三者面談のお話をしたいと思います。

久留米市 塾 個別 通い放題 冬期講座

 

すでに三者面談を終えたという人もいればいるでしょうし、

これから三者面談が控えているという人もいるでしょう。

 

三者面談を終えた人の中には、

10分程度であっさりと終わったというケースもあれば、

長時間面談が行われ、その中で別の志望校を提案されるということもあります。

 

すぐに三者面談が終わったという人は、

残りの期間で学力をしっかり維持できれば合格できるチャンスが高いと学校側も想定しているでしょう。

 

三者面談で長時間かかった人は内申点の面で引っかかったのか?

学力が足らないということで引っかかったのか?

それとも両方か?

 

内申点の方に関しては学校からもこうすれば少しでも上げられるとアドバイスはしてくれます。

 

残りの日数はなんとしても無遅刻無欠席で学校に行く、

遅れていた提出物はなんとしても終わらせる、

2学期が終わるまで日数は短いですができる限りの事はやっていきょう。

 

第一志望の学校に学力が足らないと言われた方は、

第一志望の学校への合格に向けて受験勉強に専念するとともに、

別の高校についても念のため検討しておくということは考えないといけません。

 

来年の2月中旬には公立高校の願書提出をしますので、

1月末には志望校を完全に確定させたいです。

 

◼️福岡県公立高校入試スケジュール◼️

参照: http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kennittei.html

 

 

あくまでもご自身が考えている第一志望に合格するということであれば、

これからの詰めの学習がモノをいいます。

 

まだこれから学校で勉強する分野が高校受験にあたって重要な分野ばかりなので、

ここをしっかり理解することが何よりも大事になります。

 

学校の先生からのアドバイスを参考にこれからの学習に活かしていきましょう。

 

最後まで粘り強く高校受験に向けて勉強に取り組んできた人が志望校合格へ近づきます。

 

受験まであと3ヶ月!

 

2017冬期講座のお知らせ

12月下旬から1月上旬までは当塾でも冬期講座を行います。

 

特に定期試験でなかなか点数が伸びなかったという人にはぜひお越し頂きたい講座です。

 

学校の授業が進まない今だからこそ苦手分野を少しでもなくしていくにはいい時期です。

 

学校では教えてくれない、私が塾講師を長年勤めてきた経験、各種受験で得てきた経験を、

 

冬期講座の中で時間のある限りお伝えしていきたいと思います。ご興味をお持ちの方は下の画像をクリックしてください。

久留米市 国分 塾 個別 冬期講座