久留米松陰塾国分校から塾生さんの中学受験、高校受験の合格状況をお伝えします。こちらにつきましては合格状況が明らかになったら随時更新していきます。

東国分小学校 K.M さん

久留米信愛女学院中学 特進文理コース合格

こちらの塾生さんは昨年の春期講座から妹さんといっしょにご入塾いただきました。

お姉さん(受験生)は勉強自体が苦手でどうにかしてほしいのことでしたので、

成績を上げるのに時間がかかる算数を重点的に復習しました。

苦手な部分をしっかり把握したいということもあって、小1の計算からやり直しました。

その中で分数、倍数、約数が苦手ということがデータとしてつかめてきたので、ほぼ1ヶ月半の時間をかけて復習しました。

そうやっていくうちに学校で勉強した分野のテストでかなり久しぶりに100点を取ったということも出てきました。

その時は本人からニコニコして報告を受けたことを覚えています。

ご両親の要望もあって信愛女学院中学のプレテストを受験。その結果が想定していたよりも良かったということもあって、

特進文理コースをA日程で受験。本人はあんまり手応えはなかったようですが見事に合格!信愛に通うことも決まりました。

諏訪中学校 K.Mさん

福岡県立福岡高等学園 普通科合格

こちらの塾生さんは昨年の5月にご入塾いただきました。

以前は他の塾に通われていましたが、その塾の指導方針が生徒さんと合わないということで塾を探されていたとのことです。

学校の授業には合わせずに、本人の学習状況に合わせて授業を行っていきました。

地道に問題演習を繰り返しながら基礎的な内容を徹底的に理解させることに重点を置きました。

今年に入って入試が迫ってくると緊張した様子が伝わって体調を崩すということもあったようですが、結果は合格。

高校に入ったら生活環境が今までと一変するので、

体調面にも注意しながら学業に、スポーツにと取り組んでもらいたいと思います。

荒木中学校 Y.Oさん

私立久留米学園高等学校 総合学科 フードライフ系列 推薦合格

こちらの方は塾オープンしてすぐにご入塾いただきました。

先に入塾してくれたお姉さんと同様に、机に向かって集中して勉強することはできる。

お姉さんの影響を受けたというのもあるのだろうし、スポーツで培った何かがあるのでしょう。

そういう姿を見ているとかなり勉強のできる人という印象を受けます。

 

ただ、塾で問題を解いたデータを分析するとどうもイマイチといった感じでしたので、

学校の進度には合わせずにその子の理解度に合わせて授業を進めていきました。

復習することに時間をかければしっかりと理解できるので、

試験対策としてはやたらとむずかしい問題に手を出すよりも

基本的な内容を着実に得点を取っていくことをしつこく勉強しました。

その結果もあってか高校の合格切符をつかみ取りました。本当によく頑張りました。

 

部活をやりたいのはもちろんのこと、後々こんな仕事に就けたらいいなあと思う仕事があるようなので、

文武両道の精神で3年間高校生活をエンジョイしてもらいたいです。

高牟礼中学校 S.Iさん

私立祐誠高等学校 情報技術科 一般合格

久留米市立南筑高等学校 普通科 スポーツキャリアコース 推薦合格

こちらの方は昨年の夏からご入塾いただきました。

入塾当時はどの教科も点数が取れていなくてこのままでは高校入学すら危ない印象を受けたので、

中1の分野の基本的な内容から復習。

時間的な制約や比較的成績を上げやすい教科を優先的に学習させる当塾の方針もあって、

数学、理科、社会を中心に復習しました。

 

本人もここままでは高校に行けないという危機感を感じていたようで、

塾で伝えた勉強の仕方を積極的に行っていました。土、日は図書館に行って勉強に励んでいたようです。

もしかしたら専願で受験ということも考える必要があったかもしれませんが、見事実力で合格を勝ち取りました。

将来は消防士への就職を希望しているので、部活のみならず公務員試験に向けても精いっぱい努力してほしいと思います。

高牟礼中学校 A.Hさん

私立祐誠高等学校 情報技術科 一般合格

組合立三井中央高等学校 普通科総合コース 一般合格

こちらの方は昨年の12月にご入塾いただきました。

目標の高校にあと20点ぐらい足りないということを言われたようで急遽塾選びをされたとのことでした。

過去の実力テストも見せていただきましたが、国語で点数を取れているところはこの方の強み。

他の科目は学習内容を絞れば早期に点数を上げることは可能であるとわかった。

その部分を重点的に学習。公立、私立の過去問もまだ購入されていないということでしたので

それも買ってもらった上で、単元の復習と過去問演習を繰り返しました。

結果として私立と公立には合格しました。短い期間での試験対策は大変でしたがどうにか公立に合格できたという感じです。

高牟礼中学校 A.Tさん

私立祐誠高等学校 情報技術科 一般合格

組合立三井中央高等学校 普通科ライフデザインコース 一般合格

こちらの方は冬期講座からご参加いただきました。

先程の方と同様に受験までの日にちが少ないということもあって、

過去問演習を通じて苦手な単元を発見して1つずつ潰していく戦法を取っています。

学校だとすべての単元を学習してから入試の過去問演習しますが、

当塾は1つ単元を学習したら入試問題を解いてもらうようにしています。

これは最終的にどのレベルまで自分の知識を高めたらいいのか知ってもらうため。

高校入試が求めているレベルを知ることが志望校合格への一歩です。

少しずつ勉強の手直しをしている作業の中での私立入試でした。

合格であったとはいえ本人としては若干不本意な面もあったようですが、それをバネに今後の生活に活かしてもらいたいです。

玖珠町立森中学校 Y.Sさん

大分県立日田高校 普通科合格

こちらの方は自宅の近くには自分にあった塾がないということでご親族の家から近い塾を探され、

ご縁ありまして当塾に冬期講座だけ通っていただくことになりました。

 

希望の高校をお伺いしてご本人さんの成績の分かる資料を見せてもらいましたが、どうも物足りない。

成績が安定していなかったので、得意分野や苦手分野を聞きつつ、

成績資料を確認して現状をしっかり把握することに努めました。

こちらとしては冬期講座が始まる前に大分県立入試の過去問を解いて傾向も分析した上で、

特に出題傾向が高い分野に集中してカリキュラムを組みました。

出題可能性の高い分野を8日間、数学の証明関係、理科の計算問題、英語の長文と多岐にわたって実施しました。

 

勉強自体は積極的にやる印象がある生徒さんでしたがなかなか成績が伸びなかったのは、

県立入試の出題傾向をよく知らなかったということがとても大きかったのだと思います。

過去問を購入したのも冬期講座に入ってからでしたので。

 

ただ、ゴールに向かって頑張れるかどうかは最終的には本人次第なので、

冬期講座が終わってもコツコツとがんばれたのでしょう。

大学進学を目指しているということなので、これからももっともっと勉強を頑張っていただきたいです。