こんばんは、久留米松陰塾国分校の池田です。

もう6月に入り、久留米市の中学校も高校も定期試験や学力テストが行われるので、

それに向けての勉強で大変だと思います。1学期のヤマです。

 

そんなさなか、塾生さんの何人か歴史の問題が苦手と言ってくるようになりました。

歴史の勉強と言われたときに単なる暗記なので試験の直前にちょちょっと勉強すればいい

なんていう人もいらっしゃいますが、

実際はそんな甘いものではありません。

近年の高校受験、大学受験の出題傾向を踏まえた勉強法をお話します。

久留米市 国分 塾 個別 夏期講座

 

何を復習していいのかわからない人は問題演習からスタートする

学校で歴史の授業があるといっても、いざ復習、定期試験や受験に向けて何を覚えればいいのかわからない人は、

まず教材を使って問題演習しましょう。問題演習したらすぐに答え合わせをします。

問題で出題されたところがこれからあなたが覚えないといけない事柄だとわかります。

 

どういうきっかけで、いつ、誰が、何をして、結果はどうなったのか再確認する

現在中3の生徒さんは第一次世界大戦などを勉強したと話を聞いたので、

第一次世界大戦を例にとってお話します。

~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~

セルビアの青年がオーストリア皇太子夫妻を暗殺したサラエボ事件が1914年に発生

→日本は日英同盟を結んでいたことを機に、

セルビアを支援するロシア、フランス、イギリスの連合国側について第一次世界大戦に参戦する

→対立するオーストリア、イタリア、ドイツの同盟国側にダメージを与えようと、

ドイツが支配していた中国領土の一部を占領し、二十一か条の要求を突きつけた

→戦意喪失した同盟国側は1919年のパリ講和会議によりヴェルサイユ条約を締結。

 

 

要点をまとめるとこんな感じです。

~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~★◯~

ノートなどにまとめる際に、

きっかけ

いつ

誰が

どこで

何をして

どのような結果になった

これがすべて当てはまるとは思いませんが、

こんな感じで話の流れを理解するのがいいと思います。

歴史の問題にも資料を使っての論述問題が出題されますので、

単なる暗記ではなく、筋道立てて覚えていくにはどうすればいいか意識して勉強しましょう。

 

 

 

久留米市 国分 塾 個別 夏期講座

 

2018年夏期講座の受付を開始しました

学校の授業が進まない夏休み中の平日20日間に夏期講座を実施します。

成績がなかなか上がらない、受験に向けてどのように勉強していけばいいのかわからないなど、

各人の勉強に対する悩みを解決するための講座としてご活用ください。

価格や時間帯につきましては下記画像をクリックしていただきますと夏期講座の説明ページへジャンプします。

久留米市 国分 塾 個別 夏期講座

ちょっとでもご興味をお持ちの方はお電話や問い合わせフォームからご連絡ください。

塾長 池田がご対応いたします。